headband

格安SIMも便利

話題の格安SIMはスマートフォンだけでなく、ポケットwifi端末用にも使えます。

格安SIMのデータだけ使えるデータSIMプランがあります。

例えばIIJmioのSIMカードのデータのみのタイプは料金体系が3種類あります。

安い金額から紹介すると、900円/月で使える3GBのデータプランのミニマムスタート、1520円/月の6GBデータプランのライトスタート、2560円/月で10GBのデータプランのファミリーシェアプランから選べます。

格安SIMの初期費用は3000円です。大変お得な料金プランとなっています。

この契約をしたSIMカードをSIMフリールーターに挿して使います。

格安SIMはどこで買える?

SIMフリールーターはオンラインショップや量販店で売っています。

SIMフリールーターの金額は、13000円前後から30000円とかなり幅広く売っています。

メーカーによって金額が異なります。

ZTEというブランドは安く13000円前後でSIMフリールーターを販売しています。

高いのはNECのSIMフリールーターで30000円前後です。

この違いは使える電波の周波数の違いや、ルーターの能力の違い、液晶画面の見やすさなどの違いで金額が2倍以上変わってきます。

高いNECのルーターの方が高性能で良いのは確かです。

ただ、これは使う人の利用頻度や使い方によって選ぶのが良いでしょう。

安い機種であっても、使いたい周波数が対応していれば、性能は割り切って使えます。

格安SIMとSIMフリールーターの注意点

ここで格安SIMとSIMフリールーターの注意点を説明します。

格安SIMはdocomo系、au系とSIMカードが出ています。au系は使える機種が限られています。

そのため、どうしてもauの電波が良いという人以外は、docomo系のSIMカードを選んだ方が良いです。

そして、docomo系のSIMカードの周波数を確認して、SIMフリールーターの周波数を確認して合わせます。

格安SIMカードに合ったSIMフリールーターを購入しましょう。

docomo系SIMフリールーターは3日間で3GBの制限が無いため、大変使いやすいです。

動画を観るとパケットの消費量が多いですが、3日間の制限が無ければ、月の制限を気にすれば良いので、大変使いやすいモバイルルーターになります。

ぜひ、SIMフリールーターはお得に快適に使えます。検討してみてください。

pagetop
Copyright(C) 2012 ポケットwifi プロバイダーの選び方 All Rights Reserved.